敏感肌 石鹸

敏感肌に選ばれる石鹸は一般的な石鹸とどう違うのか?

敏感肌に乾燥肌・・・いつも肌トラブルが起こって、何かしら原因を追究しようと思っていたところに、実は石鹸に理由があったのです。

 

洗顔せっけんを変えた理由としては、無添加そして保湿力。

 

それだけを変えただけで敏感な肌は強くなり、乾燥にも悩まなくなりました。

 

この2つを基準に選ぶと敏感肌に喜ばれる石鹸で、一般的な化学合成から作られている甘い香りがする香料や色素とは無縁になりますから、肌本来の力がイキイキとして沸き立ちます。

 

 

種類が多いから分からない

 

市販の石鹸はピンからキリまで、高級なものから安値なものまで様々あります。

 

また石鹸タイプとフォーム型になっているもの、スクラブ入りのものなど、たくさんの種類があります。

 

敏感肌だからこそ、誰でも使えて、敏感肌でも肌コンディションを良くするような石鹸が欲しい!

 

というところですが、あまりに種類が多くて難しい・・・。

 

そんな時にはショップのスタッフに聞いてみるのが一番です。

 

敏感肌用の石鹸を探してくれます。

 

いくつかサンプルが並びますから、その中から選べばよいだけです。

 

ただ、含まれている成分が違う可能性もありますから、何が入っているのか、本当に無添加と保湿効果だけでできているのかを確認しましょう。

 

 

カリ石鹸がいいらしい

 

カリ石鹸というものを聞いたことはありますか?

 

実は敏感肌には最適な石鹸で、水、原料となる油脂に苛性ソーダを反応させる方法が1つ。

 

これでナトリウム石鹸が完成します。

 

そしてもう1つは水、原料になる皮脂に苛性カリウムを使う方法で、これでカリウム石鹸ができ上がります。

 

カリ石鹸はジェルもしくは液状態になっていることが多く、需要が少ないので日の目を見ることがあまりありません。

 

しかし石鹸の分子が大きいという特性がありますから、肌を刺激することなく洗うことができ、敏感肌の女性でも安心して洗うことができます。

 

カリウム石鹸は角質層を柔らかくしてくれる作用も持っており、固形石鹸にこのような作用を見ることはありません。

 

ですから化粧水の浸透もよくなりますし、肌が柔らかく仕上がります。

 

純粋なカリ石鹸を選ぶことで、より敏感肌を美しく持たせることができます。

 

3・全身洗えるボディ用の敏感肌向けの石鹸の特徴とその使い方について

もし体を洗うとなると、実はボディソープよりも石鹸のほうが効果的。

 

ボディソープで洗うよりすべすべになりますし、固形石鹸のほうが成分はマイルドなので体全体を洗うのに適しています。

 

 

敏感肌には極力刺激を与えないほうが良しとされていますから、もし石鹸でキレイな体を作ろう!

 

と思っているのなら、固形石鹸で洗う場合も注意したほうがよいことがあります。

 

 

それが手で洗うということです。

 

 

 

皮膚を清潔に保つことが必須

 

汗でも肌がかぶれてしまう、という敏感肌の女性は、洗いから1つでも体が違ってきます。

 

タオルを使わず、石鹸を泡立て、その泡を手に取って手で洗う、これだけです。

 

ごくマイルドに、指先と皮膚が触れないように弾力ある泡を使って洗っていきましょう。

 

 

実際、ぬるま湯だけでも本当は汗やほこりは落とすことができます。

 

しかし皮脂汚れは石鹸を使う必要がありますから、どうしても毎日お風呂に入ることになります。

 

そこで敏感肌の女性はヒリヒリするボディソープよりも、体に優しく刺激の少ない石鹸を使ったほうが良いのです。

 

 

 

石鹸とうまくつきあっていくこと

 

石鹸は肌に非常に優しい成分でできています。

 

健康な肌の人にとっては色々な利用法ができますが、敏感肌の女性であれば、天然の添加物フリーの石鹸は体を洗うのに最適です。

 

 

合成洗剤と石鹸の見分け方をちぇっくしてみましょう。

 

石鹸はアルカリ性です。

 

中性、弱酸性、アミノ酸系というものは合成洗剤で、オーガニックや天然成分原料というものも、赤ちゃんに優しいとされているものも、石鹸とは違うことがありますから、注意しましょう。

 

 

つまりフェイスを洗う石鹸同様に、無添加、無香料、保湿性を兼ね備えた純石鹸が顔にも体にもよいことになります。

 

 

超敏感肌の女性ならすでに使っているでしょう。

 

毎日何気なく陳列している石鹸を見る人は何も気にしないのでしょうが、敏感肌の女性にとってはその成分が何からできているのかが非常にきになるところです。

 

プチプラレベルのお値段で本格化粧品が買えると人気のアテニア化粧品。

 

そんな、アテニアの化粧品はどこに売っているのでしょう?
取扱店舗の情報はこちらをご覧になってくださいね ⇒ アテニア ドラッグストア